販促品は使いやすいデザインにすることが大切

販促品の中にはインパクトを大きくするために女性キャラクターやハートなどのイラストを印刷したものが多くありますが、ハートや女性キャラのデザインがあるものは男性には使いづらいというデメリットがあります。特に販促品でよくあるポケットディッシュは、男性の場合目立つところにデザインされていると周りの目が気になって使うのを避けてしまうといった人は少なくありません。また、男性だけに限らず女性にとっても使いにくいと思われるようです。そのため、特徴的なデザインにすることは目立ちやすいというメリットがありますが、そのままでは使いにくいと判断されてしまうので宣伝効果も半減してしまいます。販促品は誰もが気軽に使用できるものの方が効果は高くなりますから、できるだけ誰もが使いやすいデザインにすることを意識して作成することが大切です。

販促品にキャラクターのデザインを使う際の注意点

最近ではご当地キャラをはじめとして至る所でゆるキャラが増えてきています。ゆるキャラなどのキャラクターもののグッズは、子供や若い女性の間で特に人気が高いですが、最近では大人の中にもキャラクターもののグッズを持つ人が増えてきている傾向があります。そのため、企業も販促品にキャラクターを上手く活用して宣伝を行っているところが増えてきています。キャラクターを利用すれば企業の名前を加えなくても宣伝効果を得られるという点もあるからです。しかし、あまりに子供っぽいキャラクターというのは使いにくい販促品になってしまいます。なぜなら年齢の高い中高年の男性の場合は、子供っぽいキャラクターのグッズを使用することをためらう人が多いからです。また、キャラクターの人気は流行に左右されやすいという点もあるため、流行が終わってしまうと全く受け取ってもらえなくなる場合が多いという点も知っておいた方がいいでしょう。

ポケットティッシュは受け取ってもらいやすい販促品

販促品として最も利用されているグッズがポケットティッシュだと言われています。なぜポケットティッシュには高い販促効果があるのかというと、ポケットディッシュは使用する機会が多くて便利なために街角で手渡されてもつい受け取ってしまう人が多いからです。特に春先の花粉が飛散しやすい時期や風邪が流行する冬場には、バッグの中に1つや2つは必ず用意しているという人も多いのではないでしょうか。その他にも食事をしたり、外でトイレを利用する際にも重宝します。そのため、様々な機会で使うことが多いポケットティッシュは、ゴミになることがないので渡しても嫌がられずに気軽に受け取ってもらうことができます。そして、自然とそこに印刷されている広告などにも目をとめてもらえるので、販促品として高い宣伝効果を期待することができるグッズです。